自分の副業の所得の分類を知ること

税金とは基本的に日本においては累進課税を採用しているのって稼げば稼ぐほど税率というのは高くなります。
そしてある意味で性善説的な税制にもなっていて申告をして初めて税金の納付の確認ができるということになっていて、つまりは税務署が勝手にこちらの収入の情報を手に入れて今年の税金はこのぐらいですと通知が来るというようなシステムではないわけです。
日本においてはほとんどの行政サービスがその意味においては知らなければダメというような感じにはなっているのですが税金はその最たるものであると言えるでしょう。
申告をする義務がある人が申告をしないというのは、税務署が言ってこなかったからというのではなく義務が自分にあるのにも関わらずやらなかった自分に非があるという形になります。
さて翻って考えるに、副業で得た収入というのはどのようなものに該当するのかといえば一時所得とか雑所得扱いになります。基本的にはそのどちらかで収入を申告するというような形になるでしょう。
ただしここでその副業を事業として継続的に行っているということがある程度証明できるということになりますとその収入を得るために使った費用なども申告できるようなります。
回りくどくいましたが要するに経費が計上できるようになるという形になります。
自分が副業をして得た収入というのがどのような所得の分類になるのかということから、まずは税金の申告のやり方が変わってくるということになりますので覚えておきましょう。
当然ですが経費が計上できたほうが良いでしょうし、何かしら特別な控除が受けられるような形で申告できた方が良いわけです。
青色申告なんかは帳簿をつけなければならないという限定的な条件がありますが、それでも青色申告をするということで大きな控除額を得られるのでかなり稼げる副業の場合は青色申告でやった方が当然支払う税金がかなり減らせるようになります。
この手の申告はその事業に対して継続性があるのかどうかということが重要になっており、一時的な所得に対してそういう申請の仕方は認められないので注意しておきましょう。
税金の申告が難しいのかというと実際はそうでもなく、いくら入ってきたのか、差し引きできる経費はどのくらいであるのかということをきちんと書類にしておけば良いというだけの話です。
申告の書類も実はここに何を書くようにといったような説明文も一緒について受け取ることができるので実際問題としてそんなに難しい話ではないでしょう。